個別化医療の加速

バイオ医薬品製造プロセスの技術革新に対するパンデミックの影響

個別化医薬品およびワクチン製造元Oxford Biomedica、Franz ZielおよびWatson-Marlow Fluid Technology Groupと共に、個別化医薬品の製造課題とパンデミックから学んだ教訓を探ってください。

全編視聴はこちらから


Oxford Biomedica UKのプロジェクトQAマネージャーLes Southam氏、Franz ZielのGMP適合性および無菌プロセス統合責任者James Drinkwater氏、WMFTGのPeter Birch氏とSade Mokuolu博士によるウェビナーにご参加ください。

パネリストは以下について議論します:


Oxford Biomedicaはレンチウイルスベクター用の配合/充填/仕上げ統合プロセスを構築するため、Franz Zielと連携しています。その充填プロセスにはWMFTGの Flexicon FPC60が使用されています。パネリストはこのシステムからの知識、克服した課題、個別化医薬品の開発とその影響を共有します。

製薬業界の従来のモデルは、世界中で何百万人もの患者を治療する広範囲なブロックバスター医薬品の開発を重視するものでした。しかしながら、これらの医薬品は多くの患者に効かないことがあり、効果的な治療法がない疾患がありました。そこで業界が着目しているのは個別化医薬品という、遺伝学とバイオインフォマティクスの進歩を利用して特定の患者群を対象とする医薬品の可能性です。

このような医薬品ははるかに小さい患者群を対象とし、一般に新しい医薬品であり、バイオ医薬品製造プロセス業界に新たな課題を生じます。開発費用が高く、市場規模が小さく、治療が緊急に必要とされるため、製品の損失は最低限に抑える必要があります。効率を最適化しながら無菌性の維持と汚染の防止を進めることも必須です。

これらの高価値で非常に繊細な医薬品を効率的に移送するプロセスを設計するには、かなりの時間が費やされます。このウェビナーでは、Oxford BiomedicaのLentiVector®生産用の新しい配合/充填/仕上げラインの開発を含む、業界実務から得られた知見をエキスパートが共有します。エキスパートは、パンデミック中のワクチン生産における開発から得られる潜在的進歩についても議論します。

個別化医薬品とATMPのバイオ医薬品製造プロセスの課題、業界の最新動向、今後の可能性についてこれらエキスパートの見解をお聞きになるには、このウェビナーにご参加ください。

個別改良業界の報告書を今すぐダウンロード

  • 製品を検索してください

  • 最寄の連絡先を検索してください

  • ヘルプおよびアドバイス

    ヘルプやアドバイスのための私達に上お問い合わせください

    カスタマサービス サポート

    電話: +81 3 5918 8101

    Fax: +81 3 5918 8101

    クエリをメールで送信